日本テレビで大好評放送中の
「カミングアウトバラエティ!!秘密のケンミンSHOW☆」
鹿児島県の秘密は何!?
このサイトではこれまでの放送内容一部と
今後放送される情報も随時更新していきます!!

他県民のヒミツはコチラ!
最近の記事

2011年02月10日

「数え年7歳を迎えた鹿児島県民は1月7日に神社に参拝して七草祝いをするのが常識!?」


通常毎年1月7日は七草の節句で、一年の無病息災を願って七草粥を家族で食すというイベントです。特に他にすることはありませんが、なんと鹿児島県では七草祝いという七歳を迎える子供に正装させて神社にお参りするんだそうです!!

一生に一度のイベントとして重要なんだそうで、お父さんも仕事を休んでまで参加。晴れ着を着て神社に参拝するのが主な行事のようです。そこで少量の七草がゆと千歳飴をもらっていました。

まるで七五三のようですが、男の子も女の子も関係なく祝うそうで、どちらかと言うと七五三より七草祝いの方がメインなんだそうです。

大手写真スタジオのスタジオアリスでは鹿児島限定で七草祝いの記念撮影をキャンペーン。その日は写真撮影の人が殺到するようです。

地方によってはお寺で七草粥の食事会をしたり、地区合同のお祝いでお祭りのような集会をするところもありました。また、ご近所7軒を回ってご祝儀をもらい、七草粥を持参した重箱に入れてもらって夜に集めた七草粥を食べる、というお宅も紹介されていました。

薩摩の七草祝いは江戸時代中期からすでに広く鹿児島の武家社会を中心に普及していたようです。子供から大人になるための最初のステップとして七草祝いが行われるようです。



鹿児島ではそんなお祝い事がされていたなんて知りませんでした(>_<)
すごく重要なお祝いなんですね。



〜2011/2/10放送 秘密のケンミンSHOW より〜
posted by サツマ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒミツの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

鹿児島県鹿児島市の局地的トレンド「生クリームメロンパン」

そのローカルトレンドの発信地は人口約60万人の鹿児島市。

そのブームの発信源は路面電車が行き交う大通りに面したこのお店「FARtA」(ファータ)。

クロワッサンなどの本格的なパンが並ぶ中、人だかりができているのは牛乳などが陳列されている冷蔵庫。

そこにはなんと冷やされたメロンパンが置いてあり、割ってみると中にはなんと、たっぷりの生クリームが!!

メロンパンと言えば焼き立てであるほど有難がられるものですが、そのメロンパンは冷蔵庫の中で販売していました。

ビスケット生地は乾燥に強いため、パサつきやすいパン生地を包むことで、冷蔵の影響が受けにくいとしてこの商品が生まれたようです。

常温では溶けやすい生クリームも冷蔵庫でなら販売できるためパンと生クリームのコラボが実現したとのこと。

現在チョコ味やストロベリー味、キャラメル味など20種類以上販売しているようです。

地元のデパートでイベント販売したことをきっかけに人気が爆発し、今や通常のメロンパンの五倍も売れる人気商品となったようです。


冷やして食べるメロンパンの購入はこちらから出来ます!!
→ ファータの生クリームメロンパン
farta.jpg



〜2010/4/15放送 秘密のケンミンSHOW より〜
posted by サツマ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 局地的ブーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

「【鹿児島編】辞令は突然に・・」vol.2

◆スーパータイヨーは大型店のサンキューと合わせて、鹿児島を中心に南九州に約90店舗を展開する県民御用達のスーパー

◆鹿児島の天気予報では、桜島の風向き予報を発表しており、洗濯などの際に風向きをチェックするのは鹿児島県民の常識。

◆鹿児島県では一年中ほとんどの墓にお花が供えられており、鹿児島県は切り花の購入量が全国第一位。

◆昭和23年創業の老舗パンメーカー「イケダパン」。数々のロングセラー商品がある。最大のヒット商品は「バターフランス」というラスク。イケダパンでは日本で初めてラスクの大量生産を開始した。

開発チームは甘党の鹿児島県民だったため、ガーリックフランスに砂糖をかけて発売したところ、クレームが発生したため砂糖をやめたらヒット商品になった。

また、スポンジ生地にバターをたっぷり塗りこみ、それで食パンをロールした「スナックパン」という斬新な商品も。

鹿児島県民ならずともおなじみの商品が盛りだくさん → イケダパンHP

◆桜島フェリー。24時間運航しており、一日88往復、年間550万人が利用している。

◆桜島フェリーには「やぶ金」といううどん屋があり大人気。このうどんを食べるためだけにフェリーに乗る県民もいるとか。

◆鹿児島弁で「だいやめ」とは一日の疲れを癒す「晩酌」のこと。

◆南九州一の繁華街「天文館」。みそおでんを看板メニューに掲げる店がいくつかある。みそおでんのベースは鹿児島の麦味噌で、煮込むほどに黒くなるのが特徴。

◆鹿児島県民の芋焼酎の飲み方にはそれぞれこだわりがあり、サラリーマンは上司の好みを覚えないといけない。




〜2009/11/5放送 秘密のケンミンSHOW より〜
posted by サツマ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | もし転勤になったら!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。